Disused article recovery

神奈川の不用品回収で気をつける物

神奈川で業者に不用品回収を依頼する場合、一番多いのはテレビや冷蔵庫などの家電かと思います。電化製品の買い替えをすると電気屋が回収してくれますが、そうでないと処分に困りますよね。
こういった家電の回収を神奈川の不用品回収業者に依頼すると、リサイクル料金を別途請求されますので注意しましょう。リサイクル料金の支払いについては家電リサイクル法という法律で定められていますので、必ずかかる費用となります。リサイクル料金については、製造メーカーによって料金が異なります。業者に請求される費用としては、収集・運搬料+リサイクル料となります。
不用品回収業者にこういったリサイクル家電の回収を依頼した場合は、郵便局振込方式でリサイクル料金を支払う形になります。手続きに関しては全て業者側が行なってくれるので、依頼者側は業者から渡される家電リサイクル券に必要事項を記入し、リサイクル料金込みの回収料金を業者に支払うだけで良いかと思いますが、必ず、家電リサイクル券の控えを不用品回収業者からもらうようにしましょう。
家電リサイクル券は、回収された家電が正しく回収されリサイクルされているかの証明となります。
不要なトラブルを避ける為、不法投棄や不適切な処理をしない、神奈川での不用品回収は信頼できる業者に依頼するようにしましょう。

神奈川の不用品回収業者が回収してくれる物

神奈川の不用品回収業者が回収してくれる物は、家電製品、家具、自転車やバイク、楽器類、工具など、少し手を加えて輸出すると海外で需要がある物や事務用品などです。
日本の家電製品は海外では安全で性能が良いと評価されているので、中古品やリサイクル品であっても根強い人気があり、冷蔵庫・洗濯機・テレビ・エアコン・パソコン・オーディオコンポ・電子レンジ・炊飯器・電気ポット・マッサージチェアなどが対象で、スマートフォンやコンロも回収してもらえる可能性があります。ただし、完全に壊れている家電製品は注意が必要です。
家具は食器戸棚、テーブル、椅子、ソファーなどが対象で、特にブランド家具やデザイナー家具は海外でも人気があり需要も高いようです。
自転車やバイク類は海外での需要が高く、特に日本製の電動アシスト自転車やスクーターは大変人気があるそうです。
楽器類や工具は、日本製でなくてもまだ使える物は不用品回収業者が修理やクリーニングを行って海外へ輸出したり、中古品を販売している実店舗に持ち込んだり、リサイクルショップで自ら販売したりするようです。
神奈川では事務机、ロッカー、ホワイトボードなどの事務用品は、まとまった数があれば回収してくれるようです。その他には、スノーボード、サーフィンボード、農機具、バッテリー、タイヤ、ホイールなども海外で需要があるので神奈川で不用品回収してもらう事ができます。

神奈川の不用品回収を業者に依頼する際のポイント

神奈川の自治体などに不用品回収を依頼するにはいろいろと手間が掛かります。
そこで利便性も高く、様々なオプションサービスも選べる神奈川の専門業者に不用品回収を依頼するという手段を検討することになりますが、その際に注意すべきポイントが3つあります。
それは、端的にいうと「物・金・人」です。
第一に、物については、どういった物が回収対象になるのか、ということです。例えば生ごみや汚物、砂やブロックといった物は回収対象外とする業者も多く、そういった物を処分したい場合は業者を選ぶ必要があります。自分が何を処分したいのか、業者が何を回収対象としているのかということは、きちんと調べておく必要があります。
第二に、金については、料金ですね。業者によって料金が異なる場合もあれば、物や全体量によって料金が異なるという場合もあります。予算をしっかり立ててから、処分したい分量や物と業者とを比較検討しておくのが良いでしょう。
第三に、人については、業者です。神奈川だけでなく中には悪徳業者もありますし、運び出す際に家を傷つけられたとか、法外な料金を請求されたとか、そういったトラブルもあります。無用なトラブルを避けるには、固定電話があり自治体の許可をちゃんと得ているなど、身元のしっかりした業者を選ぶべきです。
物・金・人は相互に関わり合っています。神奈川で回収を依頼したい不用品はご家庭によって様々でしょうから、もっとも合った料金や不用品回収業者を選ぶのが良いと思われます。

TOP